社長挨拶・略歴

社長挨拶・略歴

〜ごあいさつ〜
20年近くの葬祭業務を通して、数多の御霊を見送り、数多の遺族を慰め、痛感してきた命の尊さと儚さを“いのちのシンガーみながわじゅん”として、歌にして唄い、葬祭業務に従事し続けることが、私の使命でもあり、供養でもあります。
葬祭事業、いのちのシンガーとしての仕事の合間に、グリーフケア(悲嘆回復)資格2級、ホームヘルパー2級&ガイドヘルパー(移動介護)の資格も取得し、懸命に生きる人や、悲しみに残された人たちも支え続けています。
まだまだ、みなさまに伝えたいことは沢山ありますが、葬儀の仕事を通して、そして
歌にして伝えられたら幸いです。
命は愛のためにあると、私は信じています。

株式会社ピュア・フィールズ 取締役社長 源川準

弊社の取締役社長であり、音楽事業局Pure Fields Musicの筆頭アーティストでもある

「いのちのシンガーみながわじゅん」を略歴にて紹介させていただきます。

1970年  神奈川県横浜市にて生まれる。

1985年 中学生当時、兄と行った、南こうせつの武道館コンサートを見て衝撃を受ける。          兄の影響もありギターを始める。同時に作曲も開始。

1989年 日本大学商学部に入学(三年で自主退学する)

最愛の母が55歳の若さで他界。父の家業である日本そば屋を手伝う。

このころより作曲活動が本格的になる。

1993年 音楽活動と並行して、葬祭業を始める。

1994年 桐ヶ谷斎場にて感動的な葬儀に遭遇。そして初めて「葬儀の想い」を歌にする。

1995年 杉並区高円寺に音楽活動拠点を移す。

新宿や横浜のライブハウスで毎月ライブを行い、注目を集めるようになる。

2005年 葬儀事業に関連した企画音楽CDを発売し、それに付随した活動を始める。

その活動が新聞に掲載され、民放ラジオ局、TV、ローカルFM局等のメディアを通じて「命の尊さを歌うシンガー」としての知名度を高める。

2006年 葬儀仕事仲間らと、京都に座禅修行に行く。

2007年 四国霊場八十八ヶ所、お遍路を結願する。

2008年 父が他界。 今までの生き方を自問自答する迷走の日々が始まる。

2009年 お遍路結願のお礼参りと、父親の供養のため、紀州高野山に登る。

2010年 原点に還り、“いのちのシンガーみながわじゅん”での活動を再開。

1月に念願の理想の葬儀を行う葬儀社、株式会社ピュア・フィールズ設立。

取締役社長に就任。個々の人生を象徴した葬儀「じぶん葬」の推進を図る。

6月介護ヘルパーライブを行い、再び新聞にも活動が掲載され、話題を集める。

8月に弊社の音楽事業部門であるPure Fields Music主催の反戦イベント『愛へいわ(I hate war!)』コンサートを開催。

〜いのちのシンガーみながわじゅん〜

愛用するギター マーチンD-35、ギブソンスターバースト

好きな食べ物 果物 つけ麺

好きな言葉 『一期一会』『寝ればなおる』

好きなアーチスト ザ・ビートルズ 南こうせつ