ブログ

誰も書かなかった葬儀のお話 『お花を届ける』・・編

RS=^ADBEIPv0aSAt3sZnDUAzq
誰も書かなかった葬儀のお話
『花を届ける』・・編
三月と九月はお彼岸の時期です。
皆さんも御墓参りをしたり、仏壇に手を合わせるなどしているかと思います。
私はこの時期になると、葬儀を担当させていただいたお客様へ、お花を届けたりしています。全てのお客様へ・・と言いたいところですが、時間もお金もガソリン代もかかるものはかかるので、高額なプランをいただいた方や印象に残ったお客様(つまり私が「会いたい」と思う方ですね)に対して行なっています。
お花が嫌いな方はいません。稀に
「胡蝶蘭が苦手」
「百合は匂いがあるから嫌い」
という方はいらっしゃいます。
そういう方へはそういう配慮をして臨みます。
半年ほど前に行なった葬儀の喪主様宅へお花を届けました。お話を伺うと、
「半年経ってやっと受け入れられてきました」
「周りに支えられてなんとか生きています」
と、声にも張りが戻った感じでした。
自宅でずっと奥様の療養をされていた方で、四十九日まで私が手配をしたのでとても印象に残っています。
自宅の手前にとんでもなく急なカーブがあり、そこを通ると
「ああ、ここに来たな〜」
と思ったり・・懐かしい気持ちになります。
お客様の直の声を聞くのも大事だと考えます。ただポッと行っただけでは気持ちなんてそうそう聞けません。そのためのお花届けとも思っています。
しかし・・
我々のような商売とはしょっちゅう関わってはいけないのもわかっています。
「今度は私の番だから、その時も源川さん頼むよ!」
なんて言われると、
「ダメだよ、お母さん。お父さんの分まで長く生きるんだよ!」
とか言って返します。そういうセリフが自然と出るようになりました。これも年齢のおかげ。
明るく葬儀の話ができるというのは、実は理想の形です。
「俺の時はこうしてくれ。写真はこれを使って欲しい」
「私はこういう祭壇がいいわ。〇〇へは声かけないでね」
元気なうちから話しておくと、その時になって齟齬が少なくて済みます。
重篤な状況になったら葬儀のことなんて話せませんからね。
元気なうちに、明るく「葬儀の話」をしてください。
タレントの堀ちえみさんや競泳の池江璃花子選手の病気が話題になりましたが、こういうことは人に色々考えさせる機会を与えてくれます。決して対岸の火事じゃない。
ゆっくり焦らず療養していただけたらと思います。

誰も書かなかった葬儀のお話・・『痛々しい話』編

マーガレット_1523607901
『痛々しい話』
(今回はとても内容がキツめです。気分が思わしくなければ飛ばしてください)
先日、とても痛々しい状態のホトケ様のお迎えに行きました。
自転車で走行中、ダンプカーにひかれてしまった男性です。4時間に渡る検案と事後処置。この間待たされるご家族の心中はいかばかりかと想像されます。

映画『ぼけますから、よろしくお願いします』について

bc7e745aad10f40e

アルツハイマー症の記録・・

『ぼけますから、よろしくお願いします』

『ぼけますから、よろしくお願いします』

見てきました。たまたま映画のサイトを発見し、源川アンテナがすぐ反応。ちょうど電話番も明けたので速攻で出かけました。

ある女性の映像作家さんが、広島県呉市在住の老老介護の両親を追ったドキュメンタリーです。

フジテレビの情報番組『Mr.サンデー』でもやっていたので、知っている方も多いのではないでしょうか?

紛れもない現実

生々しい映像もありますので、鑑賞にはやや勇気がいるかもしれませんが、でもあれが生きていくという事ですし、まぎれもない現実です。むしろ隠す方がおかしい。

こういった事例は日本じゅう、いや世界中にいくらでもあるのでしょうね。

体が思い通りに動かない焦燥感と、自分が必要とされていない(そんな事ないのですが)と思い込んでしまう孤独感が、お母さんを襲います。

元気だった頃は仕事に家事に趣味になんでもできるスーパーお母さんだっただけに、悔しさは一層大きかったようです。モノに当たり散らし、娘にも雑言を浴びせます。

そんなお母さんを90歳も超えたお父さんが介護しようとするお話ですが、特段何が起こることもなく、淡々と日常が描かれます。

映像に残す大切さ

見て真っ先に思ったのは、映像に残す大切さ。
データさえあれば、後で懐かしむことも検証することもできます。何もなければ・・何一つできません。
私の父は映像も音声も比較的残っているのですが、30年以上前に亡くなった母のは、写真はかろうじてありますが、声も映像も残っていません。もう思い出の中にしかいません。

鉄人のように思っていたわが父も、最期は枯れてしまいましたからね・・・歳をとるって覚悟が要ります。

カメラも音声もいくらでも残せる現代にあっては、何かしら撮っておくことを勧めます。撮りたくなければ別に良いですが。。でも

「後で撮ればいいや」

は無しです。今、その瞬間しかない。

後なんかないのです。この映画はまさにそれを実証してくれます。

順次、全国ロードショー

いま都内何箇所かでやっていますが、順次全国を回るようです。親が元気な方は、見ておくことを勧めます。ヘルパーさんの存在が心強く思えますよ。

良い映画に2018年末、出会えてよかった。

『ぼけますから、よろしくお願いします』公式HP

http://www.bokemasu.com/

 

 

ヒートショックを予防するには?交通事故より多い死亡数〜誰も書かなかった葬儀のお話〜

6742209_624.v1542236630

ヒートショック死は交通事故死の4倍も

寒くなると増える症状に「ヒートショック」というものがあります。

ヒートショックとは、急激な温度差によって体が受ける影響のこと。

 

暖かい部屋から、寒い浴室、脱衣室、トイレ、屋外などへ移動すると体が温度変化にさらされます。

10度以上の変化があると、血圧や脈拍が急激に変動し心臓や血管に負担がかかります。ひどい場合には心筋梗塞(こうそく)・脳梗塞・脳血管障害(脳卒中)などを引き起こすおそれがあります。めまい、失神、動悸(どうき)といった症状が出ることもあり、入浴中の溺死(できし)や転倒からの死亡例もあります。

 

家のお風呂で溺死?・・と不思議に思いますが、浴槽に浸かっていて、立ち上がった時にめまいを起こし、浴槽内に倒れてお湯の中で溺死してしまうのだそうです。気をつけたいですね。

 

入浴中に起きた心肺停止状態の発生状況に関する全国調査(東京都健康長寿医療センター研究所)によると、2011年の月別発生件数は、最多の1月と最少の8月で約11倍もの差があり、冬季はヒートショックの危険性が高まることがわかります。

同調査の推計値では、入浴中のヒートショック関連死は全国で約1万7千人(うち高齢者が約8割)。これは、同年の交通事故死亡者数(約4600人)の約4倍にもなります。

交通事故死の4倍、ヒートショックでの死亡数は多いのです。

冬は寒い脱衣室で服を脱いで冷え切った浴室に入るため、血管が縮んで血圧が急激に上がります。

湯船につかればさらに血圧が上昇します。しかし、体が温まると血管が広がり、今度は血圧が下がります。このような血圧の乱高下が心臓に負担をかけるのです。

ヒートショックは体の生理機能が落ちてきた高齢者に多く見られます。若くても、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高コレステロール家血症、肥満、不整脈、動脈硬化、このほか晩酌後に入浴する習慣のある方も注意が必要です。血圧の乱高下が一番の問題ですので、血圧が高い場合や、降圧薬を飲んでからの入浴には注意することも大切です。

ヒートショックはインフルエンザと同じように、寒くなったら注意すべきものとして心に留めておくのです。遠くの誰かの話ではありません。対岸の火事ではないのことを覚えておくと覚えておきましょう。

*新潟大学医歯学総合病院医科総合診療部 馬場晃弘助教の話を元に構成

 

ヒートショックにならないために

入浴についての注意点

入浴前と入浴後に水分を補給する

入浴すると汗をかき、体内の水分が減って、血液がドロドロになります。

その状態では血栓ができやすく血圧が上がると脳梗塞や心筋梗塞になりやすいため、入浴前と後で水を飲むことで、血圧や血流の変動による脳疾患などを引き起こさない状態を作っておきましょう。

食後1時間以上空けてから入浴する

食後は消化器官に血液が集まり、血圧はやや低くなっています。そこに入浴をするなど血圧を上げる行動をすると、血管内の変動がより大きくなり、ヒートショックを引き起こしやすくなります。

お酒を飲むなら入浴後に

飲酒すると、血管が拡張し血圧低下を起こしたり、体の反応も低下して転倒しやすくなります。危険性が高まるので、飲酒後の入浴は避けたいものです。

人の体温が一番安定する時間帯は16~19時といわれており、この時間帯に入浴が推奨されています。ご高齢でお酒が飲みたい方は、夕方入浴して、その後晩酌にしてはいかがでしょうか。

部屋間の温度差をなくす

脱衣所や浴室に暖房器具を設置するなどして暖かくしておくことが最も重要です。

浴室内に暖房器具がなくても、浴槽にお湯を溜めるときにシャワーを使って高い位置から浴槽に注いだり、お湯を張った浴槽のフタを開けておくなどすれば、浴室内は暖まります。

また、1番風呂は避けて2番目以降に続けて入ることにより浴室内が暖まっているときに入浴することができます。

ゆっくり温まる

入浴時にはいきなり浴槽に入らず、心臓に遠い手や足からかけ湯をするなど、お湯の温度に体を十分に慣らしてから浴槽に入るようにすることで、急激な血圧の変化を防げます。

浴槽の湯温を低めにする

浴槽の湯温が高いと心臓に負担がかかります。38℃~40℃程度のぬるめのお湯から入り、熱いお湯を足して徐々に温めるようにしましょう。

長湯をしない

長湯をすると、心臓に負担がかかり、疲労感が増し、転倒しやすくなります。また、血圧が下がりすぎてしまい、入浴後に血圧が急上昇すると、そのショックで症状が発生しやすくなります。

浴槽から急に立ち上がらない

浴槽から出るとき、急に立ち上がると血圧は急激に下がります。立ちくらみを起こし、転倒のリスクが高まります。

浴室に手すりをつける

手すりがあれば、万一めまいが起きても、倒れる途中でつかむことができ、転倒を防げます。

他の人が声かけする

入浴中にヒートショックが起きても、他の人がすぐ発見して処置をすれば、溺死にまでは至らないことが多くあります。実際、公衆浴場では死亡事例が少ないのです。家族やヘルパーなどが入浴時に声がけをし、安否確認をすることも大切です。

 

トイレでの注意点

寝室はトイレの近くにする

高齢者は夜間頻繁にトイレに行くことが多くあります。寒い廊下を経てトイレに行くだけでも、心臓に負担がかかります。可能であれば、寝室はトイレに近い部屋に設定しましょう。

トイレに暖房器具を置く

浴室や脱衣室と同様、トイレも小さな個室であり、寒い空間であるのが通常です。現在は、人感センサー付き電気温風器や、ヒーター一体型の天井照明など、場所を取らない暖房器具も販売されています。それらを活用して、トイレに暖房設備を設置しましょう。

いきみすぎない

排便の際にいきみすぎると心臓への負担が高くなります。また、排便後は急激に血圧が下がり、血圧の乱高下が激しくなります。普段からの便秘対策も重要です!

誰も書かなかった葬儀のお話・・ 『年をとるほど趣味を持つ』編

RS=^ADBEIPv0aSAt3sZnDUAzq

昨日からグッと冷えたせいか、今日になり二件発生(人が亡くなること)しました。

うち一件は私が事前相談をしていたので、私が担当となりました。我々の仕事が増えるのを嬉しいと言って良いのかどうか・・

もう一件は老衰。私の担当の故人は長くタバコを召されていたようで、肺炎をこじらせ入退院を繰り返していました。

「主人は趣味が無い分、お酒とタバコだけが生き甲斐だでした」

と奥様とお話。
葬儀の打ち合わせが済んでも30分くらい話されていました。
病院へ通うのが日課だったという奥様。ちょっと燃え尽きている感じです。

話を聞くのも葬儀屋のつとめ。コーヒーをお代わりまで入れて下さり、手製のケーキまでご馳走になりました。これが美味しい!!

私は「ケーキ屋さんでもやればいいじゃないですか」と言うと奥様は大笑い。
笑うって大事なんですよ。笑えない人っていますから。「笑う」って、人生をうまく乗り切る大事な道具なんですがね・・分からない人が結構いる。

気をつけて欲しいのは、亡くなった後にそれこそ
〝燃え尽き症候群〟
ではないですが、心にぽっかり穴が開いてしまうんですね。
それまでは何時に病院行って、何々して、というのがあったのに、ある日からそれをしなくてよいとなり・・「何をやって良いかわからなく」なってしまうのです。

ちっちゃいお孫さんもいらっしゃるので、うまく盛り上げてもらえるように、今度息子さんに話すつもりです。
一人はやっぱり寂しいと思います。

私が思うのは、年齢を重ねるにつれて『趣味』を持つ必要性です。
まだバンバン動けるのならば、人と接する機会があるほど良いです。外に出るのです。ただその際には、絶対に怪我をしては(特に足の骨折)いけません。弱るのは必ず足腰からです。
そのうちどうせ体が効かなくなりますから、そうなれば一人で楽しめる趣味も良いでしょう。手先を動かすのがいいですね。草木の手入れでも小動物の飼育でも麻雀でもおおいにやればいい。

趣味は生きる意欲に繋がります。
二つでも三つでもそれ以上でも、持つことを勧めます。
趣味でも生活の術でもなんでも
〝没頭できるもの〟
があるって強いと思います。

そしてやはり女性は元気です。女性は旦那さんが亡くなっても四十九日くらいまではしんみりされますが、それ以降はイキイキしてます。もう倍くらいに元気になっちゃいます。(個人差はもちろんありますよ)
自分も含め、「男どもよ頑張れ!」って思います。

趣味がある人はキラキラしてます。幾つになっても

人生はいかに楽しむか、楽しんだ者勝ち。お金はあの世には持っていけません。笑顔でいれば人は向こうから寄ってくるのです。

お年寄りをふんだんに見てる私が言うのだから間違いないですよ笑。

=========================

在宅&初心者でも出来る!

You Tubeで生計を立てる方法 2019年最新版公開!

=========================

auが取り組む『おもいでケータイ再起動』の話

img001

私は長年のauユーザーですが、そのauがとても良い取り組みをしているので、それをお伝えします。題して

 

『おもいでケータイ再起動』

というもので、先日の11月9〜11日に大阪駅前のauショップにて行われました。

スマホ全盛の今ですが、もう使わなくなってしまった携帯電話に特別な機械で充電して、今一度なかに残っている写真や動画をみてみましょう、というものです。

 

auの偉いところは、auユーザーでなくても対応していることです。それこそ全国から使わなくなった(または使えなくなった)携帯電話が持ち寄られ、再度その日だけ息を吹き返します。

 

懐かしい写真

今はもういないその声の主

家族同然に過ごしていたペットの姿

二度とみられない風景や景色・・

 

その人には掛け替えのない思い出たちが、携帯電話には詰まっているのです。

 

クラウドなどが出る前で、SDカードなどの外部記憶装置が普及する前の2004年あたりの電話機が多いそうです。その頃は電話機本体にデータが記憶されるだけでした。

その日のau OSAKAには特別に、どんな充電池にも充電できる機械が投入されて、思い出を求めて来られる携帯電話ユーザーに対応します。

 

なかには電話機そのものが壊れてしまって、動かない機種もありました。
遠方から来たその方は、早くに亡くなった娘の携帯を持ってこられたおばあちゃん。孫に親の顔や声を知ってもらいたいからと、動かない、でも捨てられない携帯電話を持ってこられたのです。

「孫は娘の温もりをほとんど知らないから」

おばあちゃんは言います。若い母親はきっと幼子を残して旅立たれたのでしょう。
電話機が開けば、娘さんの何かが残っているはず。。

 

しかし・・

 

現実は非情にも、携帯本体がダメだったようです。充電池も膨れてしまってどうしようもありません。

「やれるだけのことはやったから」

寂しさを残しつつも、爽やかに帰られました。

 

この冬には札幌で、春には新宿で

『auおもいでケータイ再起動』

は行われる予定です。

auのHP上で発表されるようなので、気になる方はチェックしてみてください。

殺伐とした、不穏な雰囲気のニュースばかりだったので、久しぶりにホッコリさせていただきました。

au、よくぞやってくれました!という感じです。

同じことはできませんが、こういう心に響くことを葬儀でもやっていきたいと思います。

 

au『おもいでケータイ再起動』リンク・・

https://www.au.com/all-for-you/omoidekeitai/

=========================

在宅&初心者でも出来る!

You Tubeで生計を立てる方法 2019年最新版公開!

=========================

 

誰も書かなかった葬儀のお話 ・・『後飾りを下げる話』編

MG_1354-300x200

葬儀が終わると、仏式の葬儀

であれは、

「中陰飾り」

「後飾り」

(葬儀社によって呼び方は変わります)

と言って、自宅などに小さい簡易祭壇を組んで故人の写真やご遺骨を飾ります。

 

このまま四十九日まで使っていただき、ご納骨の準備をします。もし墓所がない場合はこれに限りません。

ご納骨が済むとご家族から

 

「祭壇を下げてください」

 

と連絡が入り、私たちは引き取りに行きます。

引き取るのは壇を作っていたテーブルの他に、香炉やリンなどお参りの道具です。

ご家族の全てが引き取りを希望することはなく、そのまま使っていただく場合もあります。

 

先日、担当した葬儀の喪主様から連絡が入り、後飾りを引き取りに行きました。

奥様は故人の旦那様ラブラブのご家庭で、下げた香炉には線香の燃えカスでいっぱいでした。

息子さんもいらっしゃるので、息子さんがお線香をあげたのかもしれませんが、そんなことはどうでも良いのです。

つまり

「亡き故人にも想いがあるお宅」

な訳です。

丁重に道具を引き取ります。

 

=================================

 

その一方で、線香が2〜3本しか挿さっていない香炉のお宅もあります。

葬儀が終了後、私たちが自宅で後飾りを組んで、

「ではお線香をどうぞ」

と家人に勧めますが、多分その時にお線香をあげたきりなのでしょう。

「一ヶ月半もあってたった2本かあ・・・」

と思うとちょっと寂しいです。

 

自宅の事情もあるでしょうから、必ず故人宅に人がいるとは限りません。仕事や育児などでお忙しいのもあるでしょう。

 

そうとは言え・・

下げた香炉を一目見て、我々はそれを一瞬で感じます。
一発でわかっちゃうのです。

線香をあげればいいとは言いません。
でも想いがあるならば、それは必ず行動に移ります。

線香が無理なら、せめて空でも見上げてたまには思い出してもらいたい・・

ささやかな葬儀屋の願いです。
(友引毎に更新)

=========================

在宅&初心者でも出来る!

You Tubeで生計を立てる方法 2019年最新版公開!

=========================

誰も書かなかった葬儀のお話・・『故人のお顔を撮る』編

140419smartphone_camera-w960=
葬儀をやっていると

誰も書かなかった葬儀のお話・・ 『お花入れおじさんのこと』編

main_11732_LL
<お花入れおじさん>という私の造語があります。

池上本門寺の「お会式」

DSC_0479

池上本門寺では、10月11〜13日は
『お会式』
が執り行われます。開祖・日蓮上人を偲んで行なわれる法要です。

本門寺のホームページでは・・

more_link_text