ブログ

誰も書かなかった葬儀の話 『賀寿のはなし』・・編(その2)

鶴亀に初日

次は珍しい?賀寿のご紹介です。

『華寿』

数え年で61歳。“華”の字を分解すると、十が六つと一になります。それを足すと61。・・素敵ですね。

『半寿』
数え年で81歳。半の字を分解すると八と十と八になることから、半寿です。

『盤寿』
数え年で81歳。将棋盤のマス目の数は9×9で81になることから、将棋界では半寿を“盤寿”としてお祝いします。

『星寿』
数え年で90歳。囲碁盤の星の数は90個あることから、囲碁界では卒寿を星寿、あるいは聖寿として祝うそうです。「聖寿」なんて良い響きですね〜

『珍寿』
数え年で95歳。珍の字の偏部を分解すると一と十と一。右側は八と三(83)となり、すべて足すと95・・と、もはやこじつけ?

『茶寿』
数え年で108歳。茶のくさかんむりを十と十。下を分解して八と十と八(88)。足して108と・・・もう好きにして状態??

『皇寿』
数え年で111歳。白=99に、下が一と十と一で足して111に!

『川寿』
数え年で111歳。川の字が111と似ているから。これは簡単で良かった〜

『大還暦』
数え年で121歳。還暦からさらに60年。二度目の還暦です。かの長寿世界一の泉重千代さんが達成しています。

・・何かのお役に立ちますでしょうか?話のネタになれば幸いです。
(たまにはこういう話題も良いでしょう)
*友引毎に更新

 

誰も書かなかった葬儀のお話・・『賀寿のはなし』(その一)編

chojyuiwai1

先日、お客様と話していて、80歳をなんて言うのかパッと出ませんでした。

80歳は“傘寿”と呼ぶのですが、ここで還暦以降の一般的な長寿のお祝い(賀寿)をまとめておきます。

『還暦』
数え年で61歳。干支は十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)の組合せで60通り。丸60年かけて生まれた年になります。

『緑寿』
数え年で66歳。99/88/77歳の賀寿はあるのに、66歳のはありませんでした。そこで2002年に日本百貨店協会が「21世紀は環境の世紀」だと“緑寿”提唱しました。売り上げアップにも貢献?

『古希』
数え年で70歳。中国の詩人・杜甫の「人生七十、古来稀なり」が由来。昔は70歳まで生きるのはまれ(=希)で、これをお祝いしました。

『喜寿』
数え年で77歳。“喜”を草書体で書くと七と十と七、となります。文字合わせが好きな日本人ならでは、でしょうか・・

『傘寿』
数え年で80歳。“傘”の略字が八と十になることが由来。“さんじゅ”と呼びます。

『米寿』
数え年で88歳。“米”を分解すると八と十と八となります。日本の代表作物である米と、末広がりで縁起の良い八の組み合わせでめでたさも格別?ですね。

『卒寿』
数え年で90歳。“卒”の略字が九と十となることに由来。90歳は同じく九が含まれる“鳩寿(きゅうじゅ)”とも呼ばれます。

『白寿』
数え年で99歳。百の字より一本引いて(100−99)、白寿となります。

『百寿』
数え年で100歳。読んで字のごとくです。「ももじゅ」とも紀寿(きじゅ)とも呼びます。

→→この辺りは言わば“常識”クラス。
(とはいえ“傘寿”が出なかった私・・涙)
次はちょっと変わった賀寿を紹介します。

誰も書かなかった葬儀のお話・・『打ち合わせと腹ぺこのはなし』編

20a7cf21
葬儀屋にとって大事な仕事は
“万が一の際に連絡を受けたらすぐに飛んでいくこと”
ですが、万が一に備えて事前に相談を受ける
“事前相談”
も受けます。 more_link_text

誰も書かなかった葬儀のお話・・『守衛のおじさん物語』編

job_keibiin
「亡くなりました」
と連絡を受け、病院等にお迎えに行くのが、葬儀屋の仕事の第一歩です。
病院には正面玄関のほかに、“夜間出入口”といって夕方以降の夜間や休日に出入りする所があります。

誰も書かなかった葬儀のお話・・『棺台』編

yjea00411
棺台…
読めますか?

誰も書かなかった葬儀のお話・・『火葬場が工事』編

RS=^ADBUcSZ6PP1ySiM9ovtkTSEdU0cE7g-
火葬場が工事でストップする・・これが困るのです。
横浜市緑区にある横浜市北部斎場という火葬場が一週間、運転が止まるのです。これ、一週間と言っていますが、グングンと延期されることが予想されます。なんでも休憩室をふやすのだとか。

誰も書かなかった葬儀のお話・・『カソウキョカしょうのはなし』編

syorui_morau_woman
ご家族のお話を伺っていると、前に葬儀を行った時に、ご自身で火葬許可証を取りに行ったという方が意外にいらっしゃいます。

誰も書かなかった葬儀のお話・・『柩の数のはなし』編

4bn1ab208a5fa1v8pn_800C450
4bn1ab208a5fa1v8pn_800C450.jpg

誰も書かなかった葬儀のお話・・『友引に火葬する話』

10117445118
一般的に“友引”は火葬場は休みです。なので友引の前の日(業界用語で“ビキマエ”)はお通夜がないので、葬儀関係業者はこのビキマエに出かける予定を組みます。
友引に火葬場が休みだと、その翌日(業界用語で“ビキアケ”)は火葬場が混みます。
「あ、今日は混んでるなあ。ビキアケだから仕方ないか」
などと私たちは言います。

誰も書かなかった葬儀のお話・・『お数珠のはなし』編

sample3
数珠が切れました。いつも右の手首にミニ数珠を付けているのですが、台所で作業していたらプチッとゴムが切れました。玉がバラバラっとなりましたが、すぐ拾い集めて彼らはいま修繕の時を待っています。