ブログ

誰も書かなかった葬儀のお話 『年相応』・・編

src_11432432

今年も残すところ後1日。

〝平成〟から〝令和〟となり、弊社の社名も変更したりと、内から外から激動の一年でした。

今年も多くの葬儀を担当させていただきました。
お年寄りの方もいれば若い方もいて、たくさんの方の涙を見たり、お話を伺いました。勉強・勉強、また勉強です。

・・・・・

葬儀屋は現場ではたいてい偉そうにしていますが(涙)、決して葬儀屋だけで葬儀が出来ることはなく、お花屋さんや料理屋さん、返礼品やさんやメイクさんなど多くの業者さんに支えていただいています。みなさん、一年本当にお世話になりました。

・・・・・

20代半ばにこの業界に顔を出して、ようやく自分の
<理想の葬儀>
を表現できるようになった気がします。思ったように葬儀がおこなえるようになった、という感じです。それには経験や知識も必要ですが、アイデアを思いつく想像力とそれを実行する行動力が大切です。

絶対に考えないといけません。アイデアを思いつくだけではダメで、それは喪主様やご家族が本当に感動することなのか、実現可能なのか、お金と時間はどれくらいなのか、そもそもそれが必要なのか・・

徹底的に考えます。考えて考え尽くします。
1日とか普通に考えます。そしてそれをやるとなったら、一途にやることだけを考えます。半端だったら効果はありません。やるならとことんやります。

お陰様で喪主様やご家族が
「本当にあなたに頼んでよかった」
と言われることが多くなりました。ありがたいことです。

・・・・・

ここにたどり着くのに20年以上かかりました。
やはり葬儀にはそれ相応の
〝年齢〟
が必要だと思います。担当が20代や30代前半だと、
「そんなに若いのに親の葬儀を任せて大丈夫なのか?」
とご家族が心配になる気持ちもあると思います。

・・・・・

私も来年は50の大台(?)に乗ります。
人生も折り返しを過ぎたと完全に自覚していますし、着地点もそろそろ考え出しています。
葬儀スキルもこの年齢や経験を武器にさらに磨いていって、もっと喪主様に喜んでもらえるようなものを提供していきたいと考えます。

ありがたいことに、一緒に動いてくれるスタッフがいてくれます。現スタッフはみな同じ方向を向いているので、理解も早いし動きもスムーズです。私にはそれが人生で一番の宝です。

私は2020年も徹底的に〝感動〟を追求していくことを、ここにお約束いたします

・・・・・

さらば2019年!
よろしく2020年!
今年も一年、ありがとうございました。良いお年を・・・

誰も書かなかった葬儀のお話 『DIY葬儀』・・編

boox_bk-4909646256
ラジオでこの本の存在を聞いて驚きました。
「葬儀が自分でやれるのか??」
何せDo It Yourself葬儀、ですからね。

誰も書かなかった葬儀のお話 『一生一度の大事件』・・編

business_ojigi_man
2、3日前からグッと冷えたので、毎日バタバタしています。
やはり冷えると高齢の方や病気の方は厳しいようなのです。
それがたとえ暖房の効いた部屋だとしても・・

誰も書かなかった葬儀のお話 『かかりつけ医に救われた』・・編

illust193
神奈川県には“監察医”制度があり、例え自宅で亡くなったとしても警察が介入し、
監察医に搬送されるという話を何度も書きました。

誰も書かなかった葬儀のお話 『出棺は命がけ』・・編

car_keijidousya
火葬場併設の式場があります。
そこは火葬場へ移動する手間がなく(火葬場が式場の隣の建物だったり、式場の道一本隔てて向かいに火葬場があったり)、便利なので早く予約が埋まります。
待てるご家族は待たれるし、そう何日も待てない!という方は、近くの貸し式場を借りてそこで葬儀を行い、火葬場に移動しての火葬荼毘となります。
・・・・・
ちなみにいま横浜市では、4箇所ある市営火葬場のうちの1つが改装工事中で、そのしわ寄せが他の3つに来ている状況です。
ただでさえ取りづらい火葬予約が、更に取りづらくなっていて、お客様を大変お待たせしています。
・・・・・
とあるお寺の斎場での出棺のはなし。
霊柩車とお寺様の車、お客様を乗せた自家用車数台をスムーズに火葬場に向かえるように、スタッフ数名と打ち合わせをしていました。
車も止めますが、歩行者も止めないといけないので、お花屋さんや返礼品屋さんにも手伝ってもらい、歩行者を止める係と車を止める係で役割分担をし、信号が変わったタイミングで一気にご家族の葬列を流すよう、念入りに打ち合わせました。
随分前から〝止まれ〟と合図を出しているにも関わらず、全然見ていない車や自転車って、結構います。
赤色灯や白い手袋があると効果があるのですが、何もないと結構激しくアクションしないと気づかれない場合があります。
・・・・・
引かれちゃ叶いませんが、ギリギリで車を止めることもあります。
自転車運転しながらスマホやる大バカ者もおりますから。。
全く自分勝手な人が多いです(私も含めて笑)
私は、車を止めるのは「気合い」だと信じています。〝絶対止める〟というこちらの(覚悟)が相手の車を止めさせるのです。
・・・・・
出棺が綺麗に決まるって本当に気持ちが良いもので、それこそ最高の気分です。担当冥利に尽きます。
あれを味わいがたいために、担当をやると言ってもいいくらい。
今回の出棺も、それこそ見事に決まりました。霊柩車の後に綺麗にお寺様の車とご家族の車が繋がって出ることができました。
花屋さんと返礼屋さんたちの協力のお陰です。
葬儀は葬儀屋だけいれば出来るものではないのです。

誰も書かなかった葬儀のお話 『気候が変わるおはなし』・・編

reed-1246310_960_720
悪魔のような台風が東海から関東、東北地方を襲い、まだ深い傷跡を各所に残してます。
被害に遭われた方に深くお見舞いを申し上げます。
朝晩がやたら涼しくなり、私も長い風邪を引きました。
健常者が体調壊すというのは、患っている方にはもっと辛い訳でして・・

誰も書かなかった葬儀のお話 『消費税と葬儀』・・編

gift2
消費税、皆様慣れましたか?
生活必需品は8%で変わりませんから、大きな買い物でもしない限り、あまり大きな打撃はないかもしれませんね。
(それでも100円ショップで一個110円だったのは地味にショックでした涙)
しかし増税に変わりはないので、それはそれで響いていくと思われます。
(個人的にはもちろん増税には反対です)
・・・・・
葬儀に今回の消費税は関係ないと思われるかもしれませんが、少々の影響があります。
葬儀は基本的には消費税10%ですが、ある二つの品目だけ8%になるといいます。
それは・・
「持ち帰り用のお弁当」
「食用の返礼品」
です。
・・・・・
「持ち帰り用のお弁当」とは、例えばお寺様用に帰ってから食べていただくためのお膳を用意したときや、
葬儀のお手伝いをしてもらった関係者様などに用意した持ち帰りお弁当などに適応されます。
夏場以外はご要望があれば手配するので、そこそこご注文いただきます。
もっと頻繁にあるのが「食用の返礼品」です。つまり海苔や鰹節、お茶や梅干しなどのお返し物は8%なのです。
・・・・・
これは大変だ!!バリバリ注文があります。
対応策としては、一旦見積もりなどでは全て10%で計算させて頂き、葬儀が終わり数量が全て決まった時点で8%のものは引かせていただくという、
二重チェックを行うこととなります。(他の葬儀屋のやり方は知りませんよ!)
・・・・・
軽減税率なんて葬儀には関係ないと思っていましたが・・
そういうことがあるんですねー
人生、それほど甘くないっ!!
ちなみに酒類が返礼品に入った時点で、10%になるそうです
(返礼屋さんに確認しました笑)
・・・・・
そうとはいえ、葬儀が無くなる事はありません。
私どもが誠心誠意、目の前のご家族様に心身を尽くす他にやる事はありません。
合掌=

誰も書かなかった葬儀のお話 『火葬場に行って葬儀を申し込む』・・編

1bcce03e013aa880d678a4257cd09946

先日葬儀担当させていただいたご家族は、お父様が家で倒れて急逝された方でした。

で、このブログではお馴染み(?)の〝検案案件〟となり、警察が介入して家族内は混乱。
お母様とご長男が
「葬儀屋を探さなきゃ!」
と家から一番近い火葬場へ出向いて
「葬儀をやりたいのですが」
と申し出たそうです。

もちろん火葬場は火葬場でしかないので、葬儀屋を斡旋はしてくれるはずはありません。スマホで探して弊社を探し当てていただいたようです。

私はそれを聞き、ご家族が火葬場に直接いって葬儀社を探そうとされたことに驚きました。
私どもは葬儀は葬儀屋に、火葬は火葬場と思っていますが、
『火葬場に行けば葬儀ができる』
と思っている方が、少なからずいらっしゃるようです。実際私の知り合いも
「火葬場へ行けば葬儀ができると思っていた」
と話しています。

・・・・・

急逝されたのなら仕方ないですが、ある程度高齢となり、心配な方が近くにいらっしゃるのなら、葬儀屋に連絡して〝事前相談〟されるのがオススメです。

相談は無料です。葬儀屋へ出向くのが嫌なら自宅でも近所のファミレスにでも来てもらって話を聞くのです。

何を用意するのか、どんな場所でどんな流れなのか、どれくらい費用を考えておけば良いのか・・・

話を聞けばきっと理解できると思います。
そうでなくても絶対に〝その時〟になれば慌てます。前もって話を聞いていたって慌てますから、聞いていなければもっと混乱します。たまに錯乱する方もいるくらいです。
その場合は翌日以降に打ち合わせを伸ばします。少しは落ち着かないと話にならないからです。

それくらい人が亡くなるって大ゴトです。(分かる方は分かると思います)
80才を過ぎれば葬儀の話をしても良いと思います。何回でも書きますが、死なない人はいません。笑って話せるうちが良いのです。

ご本人が元気なうちにこういう風にやりたいとか誰を呼ぶとか、気に入っているのはどの写真とかを聞くのです。これだけでストレスが半減・・いや、三分の一位になります。

・・・・・

『万が一の時ノート』みたいなのを作って色々書いておくと良いですね。ご家族がそれを読んで、それに沿って葬儀を進められます。家族はものすごく楽だと思いますよ。

ご家族は
「これでよかったのだろうか・・」
と結構思い悩まれます。家族が悩まない/悩ませない為にも、事前相談が有効です。そこで葬儀をするかしないかは、話を聞いてから判断すれば良いのです。

あと火葬場では葬儀屋を斡旋してはくれませんので、あしからず・・

誰も書かなかった葬儀のお話 『のど仏』・・編

RS=^ADBKNkVqn.SpZ2RbB06xyM8ht
 皆さんは
〝のど仏〟
という言葉、たまに聞くと思います。
〝のど仏〟
とはウィキペディアでは・・

誰も書かなかった葬儀のお話 『葬儀の役割』・・編

still_life(b)BD
この一週間でイギリス映画
『おみおくりの作法』
を三回観ました。毎回何かしらの気づきがあるし、毎回ラストで泣いています。(おっさんはとかく涙脆くて・・)