誰も書かなかった葬儀のお話・・『それで死んじゃうんですよ編』

img_6345

http://mamii.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_389/mamii/IMG_6345.jpg

いま“死”に関する本を読んでいます。死因に言及するものや納棺師さんのもの、葬祭業をとりまく環境の本などです。

死因の本は言い方は悪いのですがとてもにためになります。要するに

「そんなことで死んじゃうの?」

のオンパレードです。

大量のドライアイスを水に入れて遊んでいた男が、二酸化炭素中毒で死んでしまったとか、トイレを下から覗こうとして汲み取り口から入り込んだら中で窒息死したなどなど・・涙
日常のなかでありがちな(といってもレアでしょうが)行動としては、はめていたゴムの手袋を取ろうとしてなかなか抜けず、思いきり抜いたらその反動で自分のヒジがお腹に強く当たり、内蔵破裂で死亡というのがありました。高層マンションのベランダでアイスを食べていた幼児がスプーンを落としてしまい、下を歩いていた通行人の首に刺さったケースも。3キロある重い本を寝ながら読んでいたら手が滑って目と鼻の間の“人中”というツボを直撃して死亡なんていうのもあります。
私が実際に現場に行ったケースとしては、寒い日にお年寄りがトイレでまたがったまま亡くなっていたというのがありました。冬場のトイレやお風呂場は気温が変わるので心臓への負担が大きいのです。ミニヒーターなどを置いて温めておく必要があります。(しかしそれが元で火災になってはいけませんよ)

ニュースなどで「そんなことあるんだー」と思いますが、事実はもっと奇怪です。所詮人間が行なうことなのです。

息が出来なかったら死んじゃうし、火は燃え上がりますし、急に水を大量に飲んだら死んじゃいます。高地など急に高い所に行ったら高山病を発症します。体調にもよりますが、高度1500メートルで低酸素証の危険があります。スキューバダイビングに行った女性が、帰りの飛行機内で肺血栓を発症して死亡した例もあります。高低差は思った以上に身体に負担をかけるのです。急激なダイエットもとても怖いのです。気をつけて下さい。

人間だけではありません。ペットを飼っている方は、糞尿の匂いが元で窒息したなんてこともあります。飼い主にかまってもらえずストレスの溜まった猫がFAX機に尿をしてショートして火災発生というケースも。ペットの世話は真摯にお願いします。

いつ何が起きてもおかしくないと私はいつも思っています。小学生が大麻を吸っていたというニュースがあり驚きましたが、あれも常日頃親や大人が接したり会話をしていたら、きっと防げたはずです。「吸っていたのは知らなかった」なんて言い訳は許されません。
きちんと管理していたり知っていることで、ある程度危機は回避できます。