誰も書かなかった葬儀のお話 『時代劇好きおじいちゃん』・・編

01
先日、時代劇が大好きなおじいちゃんが逝去されました。
私は司会進行のお手伝いで現場に入りましたが、その葬儀の担当者から
 
「源川さん、時代劇のBGMありませんか?」
という要請。
 
私を誰だと思ってるんですか!!
・・という感じで私の膨大な曲のコレクションからご家族が求める番組をセレクト。
水戸黄門、遠山の金山、大岡越前、江戸を斬る、暴れん坊将軍、木枯らし紋次郎、大江戸捜査網、銭形平次、桃太侍などなど・・
 
なかでも故人が一番好きだったのが「必殺シリーズ」だったとのことで、ここは源川の本気を見せる時かと、最強のラインナップを揃えて葬儀に臨みました。
式場の関係で大音量で流すことは出来ませんでしたが、出てくる出てくる懐かしいテーマソングの数々。「暴れん坊将軍」や「水戸黄門」は父とよく見ていたので、懐かしい限りです。(ちなみに私のイチオシは“新必殺仕置人”)
 
それまでは控えめに音楽を流し、いざ出棺となりました。すると葬儀担当者が必殺シリーズの常套メロディであるトランペットの
“パラパ~”
という部分を思いきりかけました。私は
「そうきたか!」
と思いましたが、長男である喪主様も嬉しそうにされていました。
そのあとの精進落としで、献杯の発声時に親族代表の方より
「葬儀屋さんのコンビネーションにはとても感動しました」
とお褒め?の言葉をいただました。
 
皆さんはどうでしょう、お好きな音楽はありますか?
出棺の時の
“パラパ~”
は、ご希望ならばいつでもやりますよ笑♪
*友引毎に更新